返金交渉Q&A

自分がこのサイトを立ち上げた経緯をお話しします。

自分がこのサイトを立ち上げた経緯をお話しします。

会社員をしていましたが、将来に漠然と不安を抱えていた際に、

副業としての物販に興味を持ちました。

ネットで調べたりセミナーに参加する中で、

西野隆と岩松勇人のコンサルにたどり着きました。

これが、全ての不幸の始まりです。 

最初に受けた物販のコンサルは、岩松が対面でコンサルをしており、

その時はコンサルはこんなものかと不満はありませんでした。

しかし、途中から10億円セールス・他力本願と500万・1000万単位の桁違いの費用の

コンサルが、年に数回オファーされてくるので、金策に追われることになりました。

前回支払ったコンサル費用分すら回収できておらず、結果も出ていない。

ただ「魅は与によって生じ、求によって滅す」の音声講座を毎日お経のように聞き、

西野隆と岩松勇人に洗脳され情報遮断を徹底していたため、

誰にも相談したり、冷静に考えることが出来ませんでした。

最後は、「もし稼げなかったら、岩松があなたと一緒に住んで稼げるようにする」

とコンサル資料に書いてあったことを信じて1500万円以上のお金を払いました。

それにもかかわらず、全くコンサル資料に記載のあった他力本願やJV権の内容は行われ

ず、コンサル費用の借金が残っただけでした。

思い切って、コンサル資料に記載のあった他力本願やJV権の内容が行われていないこと

を岩松に尋ねてもはぐらかされ続けました。

最後は「稼げないのは自己責任」「返金はしない」と切り捨てられました。

この時やっと、「騙された」と気づきました。

「岩松勇人は詐欺師だ、西野隆と岩松勇人のコンサル詐欺に引っ掛かった」と…

時すでに遅しです。

騙された自分が一番悪い、自分の努力が足りなかったと泣き寝入りするしかありませ

んでした。

岩松勇人と西野隆の「起業で一番やっちゃいけないこと」にあるサクセスストーリーを

信じて、1500万以上の大金と膨大な時間をドブに捨てたなんて、誰にも言えません。

会社に行って仕事をしていても、自分のバカさに悔しくて涙が出ました。

家に帰っても、何も知らない妻や子供に申し訳なくていたたまれない。

コンサル費用の借金をどうやって返していこうかと、地獄のような数カ月過ごしまし

た。

そんなある日、無意識に「岩松勇人」と検索したところ、情報商材詐欺掲示板を見つ

け、自分以外にも岩松にお金を騙しとられた被害者がたくさんいることを知りました。

今までは情報の遮断をしていたので気づきませんでした。

掲示板・ブログ・Twitterなどいたるところに、岩松勇人と西野隆の悪事が晒されいるの

を見て、 心底岩松勇人と西野隆に腹が立ち、怒りがふつふつと湧いてきました。

「自分の努力が足りなかったせいではない」

「コンサル詐欺を生業としているあいつらは許さない」

「この負のエネルギーを原動力に、必ず支払ったコンサル費用を返金させる」

と決意しました。

そこからネットを通じて、

岩松勇人から返金に成功した人

元コンサル生(全員がコンサル費用すら稼げていない)

NIC内部にいた元コンサル生(JVを餌に岩松のコンサルを手伝わされた人)

と繋がり、情報共有するようになりました。

全員の目的は、

「岩松勇人と西野隆に騙されたお金を取り戻す」

「全額返金させる」

ことです。

失った時間は返ってきませんが、お金は取り戻せる。

ただそれだけじゃ、腹の虫が収まらなくなってきました。

自分たちがお金を取り返したところで、あいつらは痛くもかゆくもない

岩松勇人の誠意のかけらもない対応で、怨みが増しました。

「これ以上、岩松勇人と西野隆のコンサル詐欺被害者を増やしていけない」

怨みを晴らすには、自分たちが知り得た情報を公開し、

返金を望む全てのコンサル生が、岩松勇人と西野隆からお金を取り戻す、

そしてNICを叩き潰すしかないという結論に至りました。

岩松勇人と西野隆にいいように騙されてお金と時間を失ったコンサル生が、

一人でも多く立ち上がり、コンサル詐欺の実態を白日にさらされ、

NICが社会的に抹殺される日まで、情報発信していくつもりです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です