返金交渉Q&A

返金成功した人がやったこと

返金成功した人がやったこと、

岩松と西野に騙されて支払ったお金を取り返す方法を言いますね!

「特定商取引法と消費者契約法の両方で、コンサル契約を取消して返金させる」

以上です。

岩松からの返金成功した人は、弁護士に依頼して、これでお金を取り返しています。

くれぐれも、自分で特定商取引法と消費者契約法を駆使して、返金させようとはしない

でくださいね。

岩松と西野には顧問弁護士がついています。素人が付け焼き刃の法律知識で挑んでも

こてんぱにやられます。

情報商材詐欺に詳しい、かつ、岩松と西野の一連のコンサル詐欺全貌を把握している

弁護士に依頼するのが返金額を増やすのに重要です。

ここから先は、法律の話になります。
(ややこしければ、自分が依頼した弁護士さんに教えてもらってください。)

 

■特定商取引法

事業者と消費者との間で取引が行われる時に消費者が不当な契約を結ばされること

が無いように事業者を規制し、消費者を保護するために作られた法律です。

その中で、業者が契約させようとするときに、不実告知や不利益事実の不告知は禁止行

為となっています。

そのため、消費者が事実と違うことを告げられ、その告げられた内容が事実であると誤

認した場合(不実告知)、故意に事実を告げられなかった場合でその事実が存在しない

と誤認した場合(不利益事実の不告知)は、このような誤認の上で至った契約を取消す

ことが出来るとされています。

 

【我々コンサル生の場合】

岩松からメールで送られてきたコンサル資料・音声で告げられた内容が事実であると誤

認して契約をしたわけです。(故意に実際のコンサル内容を告げられなかったので誤認

して契約をしたとも言えます)

このような誤認の上で至った岩松とのコンサル契約を取消すことが出来るのです。

 

■消費者契約法

消費者契約法とは、消費者と事業者との情報量、交渉力の格差があるため、事業者の不

適切な行為があった場合、契約を取り消すことが出来る消費者を保護する法律です。

特定商取引法と同様に、不実告知・断定的判断の提供・不利益事実の不告知があった場合

は、契約の取消しが出来るとされています。

断定的判断とは、「絶対に」「必ず」のようなフレーズを使わなくても、確実でないも

のが確実であると誤解させるような決めつけ方であれば、断定的判断にあたります。

 

【我々コンサル生の場合】

岩松からメールで送られてきたコンサル資料・音声で提供された断定的判断により、

我々コンサル生はコンサル受ければお金を稼げるのは確実であると誤認して契約したわけ

です。このような誤認の上で至った岩松とのコンサル契約を取消すことが出来るのです

 

先に解説した2018超・実践型コンサルであれば、

不実告知・不利益事実の不告知・断定的判断の提供は以下です。

■1ページ

「4年半の間にコンサル生延べ254人に、

合計12億4800万円以上稼がせた、岩松勇人が

物販ビジネスで月収300万円稼ぐ全貌を公開!」

■1387ページ

「安心してください。他の塾やコンサルが気にならないぐらい、稼いで頂きます」

■1389ページ

セールス、マーケティング、コピーライティング、マインドセット

パブリックスピーキング、タイムマネージメント、人脈形成術、お金の使い方

などなど、幅広い分野の知識を学ぶことが出来ます。

1390ぺージ

私や西野さんのリソースがフルに活用出来ますので、スーパーマリオで言えば、
スターをとった「無敵状態」に突入いたします。
■1391ページ
Qもう少し実践してから、コンサル申込したいのですが、次の募集はいつですか?

 

A次回の募集に関しては、完全に未定です。

■1395ページ

「西野さんの後ろに岩松がいて、その後ろをついてくれば確実に成功する」

 

これ以外にもたくさんあるので書ききれませんが、

このような感じで、証拠を積み重ねて、返金交渉・訴訟すれば、お金を取り返すことが

出来る訳です。実際に、こうやって返金成功しています。

超・実践型コンサルも、他力本願も、岩松ビジネス大学も同じです。

岩松のコンサル資料はページ数多いし、音声もたくさんあるので、

証拠の整理が大変です。このコンサル詐欺を岩松のことを何も知らない弁護士に

説明し理解してもらうことはさらに大変です。

逆にいえば、それだけ岩松と西野は、不実告知・不利益事実の不告知・断定的判断の提供

の証拠を残してくれているのです。

是非、岩松勇人と西野隆からお金を取り戻すのに、役立ててください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です